FOOD SPACE

blog

ちょっと気になる外食産業ニュースVol.9

2017/3/1

ちょっと気になる外食産業ニュース

飲食店経営者様に役立つ外食産業ニュースのうち、FOOD SPACEが「ちょっと気になる」
ニュースをピックアップ&要約してお伝えします!

【アルバイト時給993円 1月三大都市圏、3年7カ月連続前年超え】 ※出典:日本経済新聞 20170221

求人情報大手のリクルートジョブズ(東京・中央)が20日まとめた1月のアルバイトやパートタイマーの募集時平均時給は、三大都市圏(首都圏、東海、関西)で前年同月と比べ1.5%高い993円だった。3年7カ月連続で前年水準を上回った。
 前月と比べると1.3%安い。3カ月ぶりに1000円を下回った。1月は年末に集中する短期アルバイトの募集が一服し、平均時給が下がりやすい季節的な要因が影響した。
 分野別にみると、製造・物流・清掃系は前年同月比2.2%高い983円。インターネット通販の普及で「物流や倉庫関連の職種は不足が顕著だ」(求人サイトを運営するディップの岩田和久取締役)。販売・サービス系はカラオケ店や宿泊施設の時給が伸び、2.1%高い975円。事務系は1.8%高い1022円だった。
 飲食店などフード系は1.5%高い962円だった。例年は学生が卒業する2~3月に募集が増えるが、採用難のため早めに人材を確保しようとする企業が増えている。3月中に人手を確保できない企業も出る見込みで「4月まで活発な募集が続きそうだ」(求人サービス大手のインテリジェンス)。
 地域別では、首都圏が前年同月比1.3%増の1032円、東海は1.6%増の935円、関西は1.9%増の960円だった。

★ディレクター合野のつぶやき★

 豊橋市・浜松市の飲食店アルバイトの時給を調べたところ、昼間の一般的なホール時給は大体850円ぐらいから始まり、900円~950円が相場、高いところでは1,000円以上の求人もちらほら見受けられます。夜や土日になると概ね1,000円が相場のようです。
 飲食店経営者の皆さまとしては、アルバイトの募集、とりわけ、良い人材の採用には頭を悩ませているのではないでしょうか。
 こういった人事面の悩みを解決するために、求人内容や待遇、採用選考の方法などに思いが行きがちですが、効率的な経営を考えた場合、そもそも『不確定要素のある「人」に頼る部分を減らす』という考え方もあります。
 もちろん、接客業という事から考えた場合、あまりも効率を追求するあまり、無味乾燥なサービスになってしまう事は本末転倒ですが、オペレーション部分を効率化する事は経営する上では避けては通れない道となります。
 例えば、最近では多くの飲食店に導入されている洗浄機などはその最たる事例ですし、その他、調理機器分野においては様々な省力化機器が開発されています。
 私達FOOD SPACEは、「儲かるお店をつくります」のコンセプトの元、効率の良いオペレーションを実現するため、動線を考慮したレイアウトはもちろんの事、コスト削減を実現できる調理機器のご提案もしておりますので、是非ともご相談頂ければと思います。

pagetop